プロフィール

 

イ・フィラトーリ・ディ・ムジカ(伊:音楽の紡ぎ手)は東京藝術大学で出会った中島恵美(リコーダー/フラウト・トラヴェルソ)、曽根田駿(チェンバロ/古楽ハープ)の2人によって結成されたデュオです。2014年から東京で自主企画コンサートを開催し、バロック時代の音楽を中心に演奏しています。

 

 2015年からは更なる研鑽を積むため渡仏し、リヨン国立高等音楽院CNSMDLで中世からバロック時代までの音楽理論をより深く学ぶ傍ら、Y.レヒシュタイナー、P.アモン各氏の下で実演での表現の可能性を探求しました。2018年には各々演奏家ディプロマDNSPMを取得し、2020年には各々修士課程を修了しました。フランスでもMars en Baroque等の音楽祭で演奏し、2019年にはParis Music Competitionにて銀賞を受賞しました。

 

 Historically informed performance歴史的演奏法」の追及には力を入れており、資料を研究することによって、より自由でより豊かな演奏を目指して活動しています。


中島 恵美 Emi Nakajima (リコーダー、フラウト・トラヴェルソ)

 

東京都出身。15歳よりリコーダーの手ほどきをうけ、高校在学中、東京リコーダーコンテスト及び全日本リコーダーコンテスト高校生独奏の部で金賞・銀賞を受賞。

 

東京芸術大学音楽学部器楽科リコーダー専攻卒業、2014年度同大学より「安宅賞」受賞。在学中からソロに限らず「アントネッロ・リコーダーコンソート」や「ラ・ルベルティーナ」等のアンサンブルでも活動する。

 

 2015年よりフランスへ渡り、リヨン地方音楽院を経て、2018年リヨン国立高等音楽院CNSMDL古楽科にて演奏家ディプロマを取得。同年には自身初のリサイタルを東京・近江楽堂で催した。

 

その後同音楽院修士課程に進み、2020年に修了。歴史的な教則本、レパートリー、楽器における17世紀のリコーダーの発展について研究した。同年にメセナ・ムジカル・ソシエテ・ジェネラルの奨学金を受賞。

 

これまでにリコーダーを細岡ゆき、山岡重治、濱田芳通、スージー・モールマイヤー、ピエール・アモンの各氏に師事した他、国内外でマスタークラス及びレッスンを受講。フラウト・トラヴェルソを前田りり子、アメリ・ミシェルの各氏に師事。中世音楽理論及び即興をラファエル・ピカゾ氏、ルネサンス・バロック音楽理論及び即興をバルナべ・ジャナン氏、歌唱法をアンヌ・ドゥラフォース氏と共に学ぶ。

 


曽根田 駿 Hayao Soneda (チェンバロ、古楽ハープ)

 

愛媛県松山市出身。4歳からピアノを始める。松山南高等学校在学中、チェンバロに出会い転向する。

 

東京芸術大学音楽学部器楽科チェンバロ専攻卒業。在学中、2年次よりバロックダンス部の部長を務める。

 

2015年より渡仏し、リヨン国立高等音楽院CNSMDLのチェンバロ専攻学士課程に在学。2018年に演奏家ディプロマDNSPMを取得した。

 

2018年より、同校のチェンバロ(通奏低音/コレペティ)専攻修士課程に進学。演奏家としてバロックダンスへの深いアプローチを試み、『ボーシャン=フイエ記譜法の普及と18世紀イギリス音楽への影響』のテーマで研究を進める。2020年に修了。

 

2018年より同校古楽ハープ学士課程在学。2020年に演奏家ディプロマDNSPMを取得。

 

在学中、本専攻の他に中世音楽理論及び即興をラファエル・ピカゾ氏、ルネサンス、バロック音楽理論及び即興をバルナベ・ジャナン氏、歌唱法をアンヌ・ドゥラフォース氏と共に学ぶなど、他分野にも大きく視野を広げた。

 

ピアノを冨永啓子氏、チェンバロを石川陽子、大塚直哉、西山まりえ、イヴ・レヒシュタイナー、ジャン=マルク・エイム、ディルク・ベルナー、アンヌ=カトリーヌ・ヴィネイの各氏に師事。

古楽ハープを西山まりえ、アンジェリック・モイヨンの各氏に師事。

 

2014年に初のソロリサイタルを萬翠荘(愛媛)にて開催。

 

2015年には『ハープ祭り2015(西山まりえ氏主宰)』において、『プチっとリサイタル』に選出され、ゴシックハープで出演する。

 

東京芸大在学中より『ソレイユ・ルヴァン』『アンサンブル・W』をはじめとする様々なアンサンブルとも共演し、ソロ、通奏低音として活動。音楽祭Mars en baroqueでマスタークラスの伴奏員を務め、演奏会に多数出演する。